2016年08月30日

neverland

 背を向けながら、ティンクは流星のようなブロンドの髪をまとめる。首筋に残る数本の髪を、僕は指に絡めた。
「やめて、痛いから」
「ティンクの髪はやわらかくて気持ちいいんだもの」
 肩越しに振り返っていたティンクは呆れながらもありがとうと呟いた。
「いつからこんな口ばかりの男の子になったのかしら」
「君がそうしたんだよ」
「こんな調子で大人になったら、きっととんでもないことをしでかすわ」
「大丈夫、僕は大人にならないから」
 ――なりたくもないから。
 ティンクは髪をおだんごにしてベッドから立ち上がった。薄暗い部屋のなか、カーテンに染み出した朝日に彼女の背中の翅が透ける。縁が水面のように輝いて、ふるえている。翅を伝って落ちた光が腰に滴る。あるがままの背中に、僕はたまらず抱きついた。
「行かないでよ、ティンク。ずっと僕のところにいて」
「わたしはあなたから離れたりしないわ。赤ん坊のころからあなたを見てきたのよ。離れたりしない。ただ少し、様子を見てくるだけよ」
「嘘だ、そんなこと言いながら君も僕を捨てるんだ」
 背中に吸いついて、前へまわした両手で彼女をまさぐる。はじめは逃れようとしていたティンクもやがて腕のなかでほどけていく。悦びに声が洩れ、翅がふるえるたびに光の粉が散った。ベッドへとひきずり倒して覆いかぶさる。
 いつしか彼女を組み伏せるほど大きくなっていた。いつからだろう彼女を母代わりではなく、おんなとして見るようになっていた。そうしていつだってふたりでどろどろになった。
 うつぶせになったティンクの腰をかかえて、強引にエゴを押し込んでいく。か細く切ない鳴き声がさらに奮い立たせる。一度すぐに果てたが、そのまま繋がり続けていると何もなかったように彼女の内側を埋めていた。互いの情が掻き出されて、無様な音を奏でながら脚を濡らしていく。やがて腕で体を支えられなくなり、ティンクが枕元へ顔を押しつけた。泣きはらしたような目元が愛しくてたまらない。もっと近付きたくて、いまにも破れそうな翅を乱暴に掴む。
「ずっとこうしていようよ」
 もう何度吐き出したかわからない我儘でティンクの体を困らせる。どこまでが自分で、どこからが彼女のやわらかな部分か見分けがつかなくなった。
 大人になんてなりたくない。僕らはいつまでだって子どものまま、大人の真似事で愛し続ける。
 ティンクへと続く入口は餌を待つ雛鳥のように、しきりに嘴をひらいた。おさまりきらずに溢れた寂しさを指で掬って翅になすりつける。応えるように光が舞う。
「僕を愛していて」
 咬みつくように口づけて、とわに朽ちない、ただ淡くなるばかりの花を咲かせた。




「蜜に毒」の宣伝用ペーパーに載せていたピーターパンをモチーフにしたSSです。
偶然ファイルを見つけたので、こちらへ投げておくことにしました。
もっとうねうねと書きたいお話だったのですが、他のモチーフから浮いていたのでSSとして昇華。
このピーターパンのような少年はまたあらためて違うお話で挑戦してみたいです。いっそいい大人にしてしまって、ぐだぐだとした関係に拍車をかけたい。
posted by くまごろう at 15:49| その他SS | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。